Amazonギフト券を換金できるサイトを比較してみた!

スリムアップ脱毛が好きな人に悪い人はいない > 換金 > Amazonギフト券を換金できるサイトを比較してみた!

Amazonギフト券を換金できるサイトを比較してみた!

Amazonギフト券を換金できるサイトは沢山ありますが、その中でも人気のある買取サイトは買取ボブやアマテラ、買取セブンなどではないでしょうか?

今回はそんな人気のあるAmazonギフト券買取サイトではなくB級というのは失礼かもしれないが、人気絶頂の買取サイトではないこれからの買取サイトを紹介し比較していきます。

関連サイト

Amazonギフト券を現金化する方法!

 

アマファンでAmazonギフト券を換金はどう!?

ギフト券を換金する方法は、買取サイトで買取してもらうだけではありません。仲介サイトといってギフト券を売りたい人と買いたい人が集まり取引を行うサイトがあるんです。その1つが「アマファン」です。買取サイトでも勿論いいのですが、仲介サイトの良さはなんといっても【自分で売値を設定できる】という点です。しかし買取サイトとは違い仲介サイトでは、出品して売れた時のみ必要な手数料などもあるので、その点も含めてアマファンの特徴をご紹介したいと思います。

アマファンは古物商許可番号も取得していて株式会社アマファンが運営しています。2015年に設立されたまだ比較的新しい会社です。出品する人購入する人全ての人が会員登録(無料)が必要で、会員にさえなれば全てのサービスが使えます。ここでは ”出品する時” をメインに記載します。

ホームページにアクセスしログイン→下部に「売る」ボタンから額面と販売価格を入力するだけで簡単に出品出来ます。また、取引成立前であれば「マイページ→現在出品中のギフト券」より出品取り消しも行えます。

手数料は出品する際には不要ですが、購入されて取引が成立となった場合のみ「ギフト券額面の1.3%」がかかります。無事に取引が成立しお金が自分のアカウントにチャージされれば、次は出金手続きをおこないます。注意したいのが出金する金額は指定できず、残高分全額です。その際に必要な出金手数料は150円かかります。ですので、何枚かギフト券を出品する予定がある場合は、全て売れてまとまった金額になれば出金の手続きを行えば手数料の節約になりますよ。

ちなみに購入する人は、手数料などは一切不要でお得にギフト券が購入出来ます。まだ新しい仲介サイトなので出品数は110点ほどとそれほど多くは無いですが、直近の成立取引率99%と素晴らしい率です。少しでも高く換金したい人、買取サイトとはまた違った魅力のある仲介サイトのアマファンも利用してみて下さいね。

 

アマオクでAmazonギフト券を換金はどう!?

不要なAmazonギフト券を換金したい時は、買取サイトをよく利用すると思います。しかしそれだけではなくて、オークションのように出品して換金する事も出来るんですよ。個人情報を伝えずに売買しあえるサイトを仲介サイトと呼ぶのですが、その1つである「アマオク」について詳しくご紹介していきますね。アマオクが全ての取引を仲介するので、お互いの個人情報は全く知られずに出品出来るので利用している人もとても多いんですよ。また、株式会社が運営し平成26年に設立された比較的新しい仲介サイトです。グーグルやヤフー、マイナビなどを主要取引先とし広島県の古物商許可番号も取得しているので安心して利用できますよ。インターネット上の取引ですし常に一定の出品数があるので、いつでもどこでも必要な時に取引できる点が特徴です。

売る人も買う人も、アマオクへの会員登録(無料)が必要で、会員になれば出品・購入どちらも可能です。

ここでは出品すると仮定して、手順などをみていきましょう。

会員登録が済めば、ホームページの上部にある【出品】から、番号・額面・有効期限など画面の表示に従ってギフト券情報を登録します。登録が終われば【出品する】を押せばもう完了です!わずか数分で終わります。また、ギフト券が複数枚あっても有効期限が同じならば番号入力時に改行する事で続けて入力出来るので手間がかかりません。購入後、確認完了ボタンを押されると自分のアカウントにチャージされて出金が可能になります。

アマオクの手数料は、取引が成立した場合にのみ額面の2.5%がかかります。出金するにはメニューから【出金】よりおこない、1,000円以上からで10万円以上だと出金手数料は無料、10万円以下だと250円かかるので差し引かれて振り込まれます。口座には数十分以内~即日で反映されますよ。

大体、額面の94%で出品されているので売る人も買う人も満足できるのではないかなと思います。完全無料で利用出来ますし、自分の売りたい額で売れるのが特徴のアマオク。ギフト券の処分に悩まれている方は是非検討してみて下さい。

 

あるじゃんでAmazonギフト券を換金はどう!?

あるじゃんというサイトをご存じでしょうか。Amazonギフト券を売りたい人・買いたい人をマッチングしてくれる仲介サイトの事なんです。

株式会社が運営し、売買の取引はサイト上でおこなうので必要な時にいつでも簡単に取引し合えるのが特徴です。サポートダイヤルも設置していて、朝9時~夜7時まで電話もつながります。利用するには、売る人も買う人も「あるじゃん」の会員になる必要があります。少しややこしいので手順を記載しますね。

新規会員登録の会員登録フォームから名前等を入力し送信する→仮会員登録完了後、SMS認証か電話認証をおこなう→送られてきた認証コードを入力→本登録完了、という流れです。偽名での登録やいたずら登録を防ぐ為に、こういった認証システムを導入しているので安心です。これで売買出来るようになりました。ここでは出品する場合、どのようにおこなうのか手順等説明していきますね。

あるじゃんログイン後、ギフト券を出品→出品フォームから、持っているギフト券情報(番号・額面・販売価格・有効期限)を入力→ギフト券出品を確認するボタンをクリック→出品内容を確認後、出品するをクリックすると出品完了です。簡単ですね。また、番号と額面、有効期限が同一ならばフォームで入力する際に番号を開業する事で複数枚のギフト券も一括で出品出来ます。率も、額面と販売価格を入力する事で自動で表示されるので計算の必要もありません。

あるじゃんで出品したギフト券が売れて、購入者側がギフト券番号登録をおこない「確認完了」を押した時点で、自分のアカウントにチャージされます。この時に、販売価格から出品手数料を差し引いた額がチャージされます。出金をおこなうには、申請すればチャージ残高全額が出金されます。出金手数料は10万円以上なら無料、10万円以下なら250円かかります。ですので、ある程度貯まってから出金するようにし手数料を節約するといいですね。

平均、額面の96~98%ほどでの出品なので買う人は少し高く感じるかもしれませんね。売る人にはもってこいの仲介サイトだと思います。また、通常なら出品手数料2.5%のところ今なら6月末まで1.5%のキャンペーンをおこなっているので、不要なギフト券があれば是非出品して下さい。

 



タグ :

関連記事

  1. 買取ライフネットとアマトクというAmazonギフト券買取サイトを比較してみた
  2. ギフトチェンジとギフトクというAmazonギフト券買取サイトを比較
  3. ギフト買取KINGとマルトクギフトという買取サイトを比較
  4. Amazonギフト券を換金できるサイトを比較してみた!